MENU
  • ホーム
  • 弁護士紹介
  • 料金
  • 基礎知識
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • アクセス
  • FAQ
  • 埼玉・川越離婚問題相談所 >  料金の目安

    料金の目安

    弁護士費用は「事前」に「わかりやすく」お見積もりします

    離婚・男女問題に関する当事務所の弁護士費用の目安をご案内します(記載は全て税別です。)。

    もっとも、紛争解決のための弁護士業務の内容は、個別案件ごとに異なるため、下記はあくまでも「目安」とお考え下さい。まずは法律相談でご事情をお伺いし、事前に弁護士費用のお見積りをお伝え致しますので、その後で当事務所にご依頼いただくかどうかをご判断ください。

    弁護士費用のお支払方法につきましては、原則として一括でお支払いただいておりますが、経済的事情等で困難な場合には、お支払方法についてご相談に乗らせていただきます。遠慮なくお申し出ください(ただし、このホームページをご覧いただいた方に限ります。)。

    1 離婚・男女問題に関する法律相談

    各手続き共通

    相談料 5000円/30分ごと

    ※ご依頼後の打ち合わせ等については相談料は発生しません

    2 離婚事件

    1)相手方との示談交渉

    着手金 30万円~
    離婚成立報酬 30万円~

    ※金銭的利益が発生する場合、別途下記4)の基準による報酬金が発生します。

    2)離婚調停

    着手金 30万円~
    離婚成立報酬 30万円~
    出廷日当 3万円/回

    ※金銭的利益が発生する場合、別途下記4)の基準による報酬金が発生します。

    3)離婚訴訟

    着手金 50万円~
    離婚成立報酬 30万円~
    出廷日当 3万円/回

    ※金銭的利益が発生する場合、別途下記4)の基準による報酬金が発生します。

    4)金銭的解決部分(各手続きに共通)

    離婚の相手方から、慰謝料などのお金を得ることができた場合、また相手方から請求されていた金銭の支払をしなくてよくなった場合など、経済的利益が問題となる事案では、上記1)ないし上記3)とは別途、以下の基準にしたがって報酬金が発生します。但し、最低額は10万円とします。

    得られた経済的利益の額

    報酬金

    300万円以下

    16%

    300万円を超え3000万円以下

    10%+18万円

    3000万円を超え3億円以下

    6%+138万円

    3億円を超える場合

    4%+738万円

    ※毎月支払が行われる金銭については、その5年分を経済的利益として算定します。

    ご注意

    • 着手金は、事件に着手する最初の段階でいただきます。結果のいかんにかかわらずお返しすることはできません。
    • 成功報酬は、事件が成功(離婚の成立)した場合のみ発生します。
    • その他に実費(交通費、通信費)、出廷日当(原則3万円)が発生します。
    • 当事務所においては、離婚問題を得意とする弁護士が全力で案件に対応しております。そのため担当弁護士の取扱中案件数によっては、事件対応のクオリティを維持するために依頼をお受けすることができない場合もありますので、あらかじめご了解下さい。

    サンプルケース

    離婚を求める簡易な事案で調停を申し立て、調停期日を3回実施し、最終的に調停離婚が成立した場合。

    1 着手金:30万円

    2 成功報酬金:30万円

    3 出廷日当:3万円×3回=9万円

    合計:30万円+30万円+9万円=69万円

    3 男女問題

    1)和解示談書作成代行のみ

    手数料 10万円~

    2)相手方との交渉

    着手金 30万円~
    報酬金 30万円~
    出廷日当 3万円/回

    3)民事調停

    着手金 30万円~
    報酬金 30万円~
    出廷日当 3万円/回
    お気軽にお問い合わせ下さい

    川越市周辺のみなさまより、離婚男女問題についてたくさんのご相談・ご依頼をいただいております。弁護士と一緒に解決策を探しましょう。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

    いますぐ相談する
    049-223-4422
    (受付:平日9:30~18:00)

     

    このページの先頭へ