MENU
  • ホーム
  • 弁護士紹介
  • 料金
  • 基礎知識
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • アクセス
  • FAQ
  • 埼玉・川越離婚問題相談所 >  解決までの流れ  >  男女問題解決の流れ

    男女問題解決の流れ

    男女問題解決の一般的な流れはどのようなものになりますか?例えば、交際している男女間において、男性から女性に対して「ストーカー行為」があったケースを想定して教えて下さい。

    相手方に対する警告

    当事者本人の間での話し合いが可能であればこれを検討しますが、今回のケースでは、本人同士の話し合いで解決できる段階にはないと考えられます。

    その場合には、弁護士が弁護士の名前をいれて、相手方に内容証明郵便を送付し、その中で、ストーカー行為を中止するように警告します。

    法的措置による対応

    警告を行っても相手方がストーカー行為等を中止しない場合には、法的措置をとることによって相手方の行為を辞めさせることを目指します。

    最寄りの警察署へ相談をもちこみ、場合によりストーカー行為の禁止命令をだしてもらいます。また、それと同時ないし後に、裁判所対して仮処分を申し立てます。裁判所への仮処分では、相手の男性に対して、ストーカー行為を行わないことを求めることになります。

    平行して暴力行為などがあった場合には、そのケガや慰謝料について損害賠償請求をすることも検討するとよいでしょう。

    相手方が裁判所の命令等を無視する場合

    ただし、裁判所への申立が認められた場合でも、現実に相手方が裁判所の命令を無視してストーカー行為や暴力行為をしてくることが考えられます。

    現実的に身に危険がせまった場合には、直ちに110番通報をするという方法で身を守るしかありません。

    お気軽にお問い合わせ下さい

    川越市周辺のみなさまより、離婚男女問題についてたくさんのご相談・ご依頼をいただいております。弁護士と一緒に解決策を探しましょう。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

    いますぐ相談する
    049-223-4422
    (受付:平日9:30~18:00)

    このページの先頭へ