MENU
  • ホーム
  • 弁護士紹介
  • 料金
  • 基礎知識
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • アクセス
  • FAQ
  • 埼玉・川越離婚問題相談所 >  離婚とお金の問題  >  慰謝料が認められる場合

    慰謝料が認められる場合

    1 離婚にともなう慰謝料とはなにか

    離婚をする際に慰謝料が問題となる場合はとても多くあります。

    慰謝料は、パートナーの行為により、他方が精神的な苦痛を受けた場合に請求することが可能となるものです。つまり、相手方に何か非があるということが必要です(この点は、相手方に何も悪いところがなくても、請求が認められる財産分与と異なるところです)。

    慰謝料が認められる典型的なケースとしては、例えば次のようなものを挙げることができます。

    • パートナーが浮気をした
    • パートナーから暴力を受けたり、面倒をみずに捨てられた
    • 結婚生活を続けるための努力を一切しない
    • 性交渉を理由なく拒否する

    2 慰謝料の金額はいくらなのか

    慰謝料の金額は、それぞれのケースごとに色々な要素を考慮して判断されます。したがって、あくまでの具体的なケースごとにその金額は違ってきますが、参考までにいうと

    浮気をした場合には100万円から300万円

    程度の慰謝料となることがもっとも多いでしょう。

    慰謝料の金額を決めるにあたって考慮される要素は、種々あますが、一例を挙げると以下のとおりです。

    • 相手方の行った行為の内容(浮気の回数や内容、暴力行為の内容や回数)
    • 請求する側の被った損害の程度(暴力行為で受けた傷の内容、ノイローゼなどの精神障害の程度)
    • 結婚生活の内容(生活費を支払っていたか、結婚生活を維持しようとしていたか)

    3 慰謝料請求の現実

    慰謝料請求が認められないことも

    離婚における慰謝料ですが、一方が慰謝料の支払いを求めても、場合によっては裁判でその請求が認められないこともあります。その一例を挙げると、以下のような場合があります。

    • 慰謝料の対象となる行為について証拠がなく相手方がやったことが認められない場合
    • 相手方のやった行為が法律的に違法とまではいえない場合
    • 慰謝料を支払うまでの損害がないと判断される場合

    慰謝料が認められるかどうかは法律的な判断が必要となる場合が多いです。そのため、慰謝料請求を考えているのであれば、離婚問題についての知識をもった弁護士などの専門家へ相談することが必要といえるでしょう。

    慰謝料の回収

    慰謝料が法律上認められたとしても、その慰謝料の支払いを確実に受けることができるかどうかは全く別の問題です。つまり、判決を受けて慰謝料が認められても、相手にお金がなければ回収することはできません。

    その点、和解や話し合いで慰謝料が決まれば、相手方が任意に支払ってくれる可能性は高くなりますので、場合によってはこうした解決が有効な場合もあるでしょう。このような判断についても、慰謝料請求について経験を有する弁護士に相談することが有効です。

    お気軽にお問い合わせ下さい

    川越市周辺のみなさまより、離婚男女問題についてたくさんのご相談・ご依頼をいただいております。弁護士と一緒に解決策を探しましょう。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

    いますぐ相談する
    049-223-4422
    (受付:平日9:30~18:00)

    このページの先頭へ