MENU
  • ホーム
  • 弁護士紹介
  • 料金
  • 基礎知識
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • アクセス
  • FAQ
  • 埼玉・川越離婚問題相談所 >  離婚できる?できない?  >  離婚の理由になるのかどうか迷ったら

    離婚の理由になるのかどうか迷ったら

    離婚原因の検討順序

    まずは、ご自身のケースが

    • 1. 配偶者に不貞な行為があったとき。
    • 2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
    • 3. 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
    • 4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

    のどれかにあたらないかを検討しましょう。検討の結果、どれにもあたりそうもない、というときには、

    • 5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

    にあたるかどうかを検討しましょう。

    離婚原因の判断ポイント

    「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」という離婚原因の有無を判断をするにあたっては、

    • 1. その理由により夫婦生活ができない状況となっているか
    • 2. これまでに改善をしてみたが、それでも改善は出来ない状況か
    • 3. 第三者からみても離婚がやむをえないと思われる状況か

    などがポイントとなります。ただし、最終的には裁判所が判断する内容ですので、自分で判断するのではなく、専門家である弁護士に相談することが必要です。

    お気軽にお問い合わせ下さい

    川越市周辺のみなさまより、離婚男女問題についてたくさんのご相談・ご依頼をいただいております。弁護士と一緒に解決策を探しましょう。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

    いますぐ相談する
    049-223-4422
    (受付:平日9:30~18:00)

    このページの先頭へ